看護師国家試験に落ちたらどうなる?何回も受けられるの? 

看護師国試落ちたら?-アイキャッチ画像

看護師国家試験を受けた受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

自己採点をしていて、「点数が足りない…。」「ヤバいかも…。」

という人もいるのではないでしょうか。

この記事では、

試験当日に思うように力を発揮できなかったあなたや、

勉強不足で合格が危うい!ヤバいかも!というあなたのために、

・看護師国家試験に落ちたらどうなる?内定は取り消し?

・看護師国家試験は何度も受験できるの?

・看護師国家試験に落ちてしまったらどうしたらよい?

という点について、

看護師国家試験後に同じような心配した経験を持つ私、まなみんがお伝えしていこうと思います。

 

自己採点で自信喪失してしまったあなたに参考になれば幸いです。

早速ご紹介していきたいと思いますね。

スポンサーリンク

看護師国家試験に落ちたらどうなる?内定は取り消し?

当然のごとく、看護師国家試験に合格できなければ正看護師として働くことは許されません。

したがって、現在頂いている病院やクリニックなどからの内定は取り消されます。

しかし、医療現場は常に人手不足…。

中には例外もあるようですよ!!

看護師国家試験に落ちたが准看護師として働く

看護師国家試験の練習や滑り止めという名目で、

都道府県が実施する准看護師の試験を受けて合格していた場合

准看護師として就職することが可能な場合もあります

 

正看護師と仕事内容はほとんど変わりませんが、やはり正看護師としてのお給料よりは低くなってしまいます。

また、病院やクリニックによっては、正看護師しか採用していないところもあります。

正看護師よりも募集は少ないと考えておいた方がよさそうです。

(厳しいことを言うようですが、現在内定をいただいている病院やクリニックで准看護師として採用される保証はありません。)

さらに、将来管理職についたり、専門の分野で認定看護師や専門看護師を目指したい!

というキャリアアップを望んでいる場合は、

やはり大前提として正看護師の資格が必要になってきます。

看護師国家試験に落ちたが看護助手として働く

看護師国家試験に落ちた後、内定は取り消されずに看護助手として働くという選択肢もあるようです。

看護助手は、患者さんの簡単な身の回りのお世話をしたり、検体を運んだり、入退院した部屋のベッドメイキングをしたり、物品の補充をしたりと、

看護師の資格がなくても働ける職種になります。

しかし、看護師から同時に複数の要望を聞いて時間を管理しながら立ち回らなければならない場面も多く、こちらも簡単な仕事ではありません。

お給料の面から見ても、やはり看護師よりかなり低くなります。

来年看護師国家試験に再挑戦したいが、どうしても収入がないのは困る。

そんな人には、患者さんとの関わりも学べる看護助手はオススメできます。

 

私の知り合いでも、

看護師国家試験に落ちてしまったが、

内定先の病院の看護部長に頼み込んで看護助手として採用してもらい、

1年後に再チャレンジして見事合格!

翌年正看護師として採用されたという方がいました。

 

以上の点から、

万が一看護師国家試験に落ちてしまった場合は、

①内定をいただいている病院に合否を報告

②正看護師として就職できないことを謝罪

③どうしても医療現場で働きたい場合は、無理を承知で頼み込んでみる

 

という手順を踏むとよいかと思われます。

内定先に謝罪して頼み込むなんてできないよ…。

というあなた。

厳しいことを言うようですが、

どんな事情があれど、落ちてしまったら、その事実は変えられません。

内定先にあなたの誠意を伝えるためにも、まずは結果や自分の意思を素直に伝えることを心がけましょう。

スポンサードリンク

看護師国家試験は何度も受けられるの?落ちたらどうしたらよい?

看護師国家試験は何度も受けられるの?

という疑問にお答えします。

せっかく実習を頑張って、看護師養成のカリキュラムを習得しているのに国家試験が一発勝負では悲しいですよね…。

ずばり、看護師国家試験は何度でも挑戦可能です!

しかし、ご存知の通り、看護師国家試験は1年に1回のみの開催です。

そして、看護師国家試験の合格率は

105回
(2016年)
106回
(2017年)
107回
(2018年)
108回
(2019年)
109回
(2020年)
110回
(2021年)
既卒者 35.5% 35.6% 44.5% 29.3% 37.4% 44.4%
新卒者 94.9% 94.3% 96.3% 94.7% 94.7% 95.4%

となっており、既卒になると合格率は一気にさがっていることがお分かり頂けるかと思います。

これはおそらく、年々問題の出題基準や出題傾向が変わっていること、

仕事をしながらの勉強で、現役生よりも勉強に時間を費やすのが難しいなどの原因があるのだろうと思います。

したがって、できるだけ早く合格してしまいたいのが本音です。

よって、対策は

・予備校に入って看護師国家試験対策を行う

・学校の先生に相談して国家試験対策を追加で行ってもらえるか相談する

・自力での国家試験対策を行う

3つ程度に絞られると思います。

予備校に入って看護師国家試験対策を行う

1人で勉強しているとどうしても気持ちが滅入ってしまうことが多いと言われています。

そんな人は予備校に入って看護師国家試験対策の講座を受けながら、1年間国家試験浪人を行うのもよいかもしれません。

 

スマホで学習!通学時間も短縮してスキマ時間も勉強に当てるあなたは

【スタディング(看護師国家試験)】

がオススメ。

 

 

実績のある予備校で学びたいあなたには、

東京アカデミー「看護師国家試験対策講座」

さわ研究所

がオススメです。

学校の先生に相談して国家試験対策を追加で行ってもらえるか相談する

 

現在通学中の学校によっては、学校は卒業しても、国家試験に合格するまでサポートをしてくれるようなところもあるかもしれません。

学校や先生次第でこれは変わってくるので一概には言えませんが、

知り合いは、新卒で看護師国家試験に落ちてしまったのですが、学校の図書館で1年間勉強し、分からないところはゼミの先生などが指導をしてくれたそうです。

そのおかげで、翌年には見事看護師国家試験に合格し、晴れて正看護師として就職することができました。

もし落ちてしまった場合は、卒業しても学校の図書館などで勉強させてもらえるか、協力を請うてみるのも一つの手かもしれません。

自力での国家試験対策を行う

アルバイトや仕事をしながらだと、学校や予備校に通う時間もなかなか取れないと思います。

したがって、自力で問題集や過去問をひたすら解く。

という勉強方法もありだと思います。

仲間がおらず、個人的な戦いになってしまうので、いかに自分を律して勉強できるかがカギになってくると思います。

SNSで国家試験を受ける人と交流を深めながら、試験対策に臨めればよいのかな?と思います。

スポンサードリンク

看護師国家試験に落ちたらどうなる?試験は何度も受けられるの?まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで、

・看護試験に落ちたらどうなる?内定は取り消し?
⇒取り消しになる場合が多いが、例外もある。まずは内的先に連絡して報告を。
・看護師国家試験は何度も受験できるの?
⇒何度も受験できるが、試験は1年に1回、既卒は合格率が下がる傾向がある。
・看護師国家試験に落ちてしまったらどうしたらよい?
⇒予備校に行く、学校の先生に相談してみる、自力で勉強する
という点についてお伝えしてきました。
看護師国家試験に落ちたらどうなる?と不安になったあなたのお役に立てれば幸いです。
まずは、あなたの合格を心より祈っています!
そして、万が一落ちてしまっていた時は、
もう一度勉強すれば、必ず合格できます。
諦めずに勉強して、次回の看護師国家試験では必ず合格できるように対策していきましょう。
看護師国家試験、一度落ちたら人生終わりなんてことはありません!
落ちたことさえ何か意味があった、そう思えるようにするのはこれからのあなたの行動次第です。
是非諦めずに頑張ってください。
それでは、最後までご覧いただきありがとうございました^^
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました