眠れないまま朝になった…仕事を休むのはあり?寝不足の日の対処法

眠れないまま朝になった…仕事を休むのはあり?寝不足の日の対処法

仕事や用事があるのに、眠れないまま朝になった!

すごく焦りますよね。

やっと眠たくなったと思ったら起床時間だったりするのはあるあるです。

だるいし何より眠たい、仕事が成り立つのか心配、休みたい!

誰もが頭をよぎります。

でも会社に「眠れないまま朝になったから仕事を休む」なんて言えません。

私も何度も会社に休みの連絡をしようか迷った上、出社したことが多いです。

皆さんどういう決断に至るのか気になりますね。

そこで眠れないまま朝になった場合、仕事を休むのか?出社するのか?

見ていきたいと思います。

結論としては、”眠れない=体調不良”として割り切って仕事を休んでしまうのもありです。

職場のストレスがあまりにもひどくて眠れない場合は、退職代行サービスを使って、離職してしまうのもありかもしれません。

退職代行オールサポートでは、まずは無料でLINE相談ができます。

24時間対応で、無料転職サポートや弁護士監修の退職届などもありますので、相談してみるのもアリかもしれません!

一度きりの人生、あなたらしく生きるためにも勇気ある決断を!

スポンサーリンク

眠れないまま朝になったとき仕事は休んでもいい?

眠れないまま朝になった画像

眠れないまま朝を迎えたときは、なんだか絶望的な気分にさえなりますよね。

ここでは、眠れないまま朝になったとき、仕事や休んでいいのか?

世間の人がどのような対応をしているのかをみていきたいと思います。

眠れないまま朝になったときは出社する人が多い 

一睡もできず眠れないまま朝になったとき、人々がどんな行動を取っているのか調べてみました。

結論としては、眠れないまま仕事に行く方が多いようです。

はっきり熱があるとかじゃないが故に、休むという決断をし辛いですよね。

ほとんどの方が頑張って出社して、お昼休みに昼寝をして耐えています!

筆者も、よく会社の食堂でタオルを枕代わりに寝ていました…。

皆さん我慢して仕事を頑張っていらっしゃるようですね…。

私たち、本当に偉い!

どんなに辛くてもしっかり仕事に行った自分を自画自賛してしまいましょう!

睡眠不足=体調不良との考え方も!

睡眠不足で頭が回らず、意識が朦朧として全然仕事にならない!

という場合は、睡眠不足は体調不良と考えて思い切って休むのも選択の一つです。

もしくは、朝はなんとか頑張って出社して、難しければ途中で体調不良で早退もありだと思います。

午後半休にして、帰宅後に安心してぐっすり眠るのもいいのではないでしょうか。

「仕事を休んでしまった…」

という罪悪感も、午後からの半休ならば多少軽くなるかもしれませんね。

 

日本人はかなり真面目ですから、どうしても体に鞭打って無理をしがちです。

しかし、不眠の原因がわからない場合は、眠れなかった自分を労わってもいいのかなあと思います。

更に体調を崩しては大変ですからね。

無理がたたると、何かの糸がプツンと切れたように、本当に体が動かなくなってしまいます。

そうなる前に、しっかりと睡眠部不足の原因やご自身の体調と向き合うことはとても重要なことです。

スポンサードリンク

眠れないまま仕事に行くとどうなる?

眠れないまま出社するとどうなるのでしょうか。

まず1番に集中力が落ちます

眠気があるままの仕事になると集中力、注意力が落ち、普段しないようなミスをしがちです。

業務に支障が出てしまうのでどうにか避けたいところ。

ミスが原因で職場の人とギクシャクする可能性も…。

また睡眠不足による体調不良によって、日頃の力が出せない状況になります。

あまりに辛い場合はお休みするのもいいのではないでしょうか

スポンサードリンク

眠れないまま朝になって仕事を休む時の注意点は?

お休みする場合は職場に連絡は必須です。

直属の上司に電話で連絡しましょう。

始業後はバタバタしていますし、始業前に早すぎるとあまりよく思われません。

業務開始10分くらい前に「体調不良で休む」ことを伝えましょう

必ずしも「眠れないまま朝になったから休みます。」とまで伝える必要はありません。

色んな手を尽くしたけれども眠れないまま朝になって、眠気や体のダルさ、倦怠感、睡眠不足による頭痛や吐き気などと闘いながら仕事をするのは、非常に辛いことです。

これは十分、体調不良という理由に入ると筆者は思います。

職場の環境にもよりますが、欠勤の連絡は電話というのが最低限のマナーとなっている職場が多いので、できるだけ電話で欠勤の連絡をしてみましょう。

スポンサードリンク

眠れないまま朝になった原因は?職場のストレス?

まず眠れなかった原因を考えてみます。

  • 残業続きや生活リズムが不規則
  • 職場でストレスがかかることがある
  • 夜中考えごとをしてしまう
  • スマホをしていて目がさえた
  • 夕方に眠っていた

 

上記のようなことって、あるあるだと思います。

後ろの2つは置いておいて、職場にストレスがあればそのことで無意識に頭がいっぱいになりますよね。

夜って考え事をしがちで落ち込みやすい時間です。

起き上がれない程頭痛がする、吐き気がするなど症状があればお休みして下さい。

1日だけならまだしも、毎日十分な睡眠がとれない場合は睡眠障害の可能性があります。

慢性的に続く場合は病院にかかるのも解決策の1つです。

眠れないまま朝になった…仕事を休むのはあり?寝不足の日の対処法まとめ

眠れないまま朝になった場合、仕事を休むのはありか?についてみていきました。

眠れないまま朝を迎えても仕事を休むことはせず、そのまま出社する方が多い印象です。

一旦出社して早退、午後休をとるという方法が有力かも。

勿論、あまりに体調が悪い場合はお休みして下さい。

そして慢性的に不眠が続く場合は病院受診も候補に。

職場のストレスや生活リズムも大きく関わるので、就業時間や職場環境など都度相談されてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました