耳をすませば・実写版の主題歌は杏!なぜの声多数の理由とは?

今年秋に公開が予定されている「耳をすませば」実写版の主題歌が杏がカバーする「翼をください」に決定しました。

耳をすませば実写版の主題歌が杏、なぜの声多数の理由が気になる!

作品を好きなファンからは、どうして杏さんなのか?その疑問についての賛否両論が早くも巻き起こっているようです。それだけファンが多い証拠なのではと思います。

女優として有名な方が主題歌を担当するなんて…今までの固定観念を覆すようなキャスティングですね。

『耳をすませば』実写版の主題歌は杏、なぜの声多数の理由とは?について調べてみました。

スポンサーリンク

耳をすませば・実写版の主題歌は杏が歌う「翼をください」

すでに公開されている実写版の予告でも杏さんの歌声は聴くことが出来ます。

ドラマなどの番宣でテレビでもたびたび見かける杏さんですが、意外と歌を歌っている姿を目にしたこともあるのでは?

バラエティーや歌番組でも、歌手の方と過去に何度か共演されていますよ。

槇原敬之さんやTOKIOと番組内でセッションをしています。
その歌のうまさにボーカルになってと言われるほどでした。

女優としてキャリアが目立つ杏さんですが、今回はちょっと意外性もあるキャスティングで杏さんが名曲「翼をください」を歌うことになりました。

耳をすませば・実写版の主題歌へなぜ?の声多数!

早くもネット上では杏さんがなぜ主題歌を担当するのか?についての疑問の声が巻き上がっているようです。

予想をしていなかった人がそれだけ多かったのかもしれません。

それだけ話題になっているということでしょうね。どうしてなのか?

いくつか気になった点があったので疑問の声についても一つずつ具体的に調べてみました。

①なぜ杏が主題歌を担当するの?

こんな疑問を抱いた方も多かったのではないでしょうか?

なぜ杏さんが主題歌を担当するの!?

という疑問です。

結論としては、調査してみましたが不明です。

 

杏さん自身はこの実写版には出演していません。

出演していない俳優が主題歌を歌うなんておかしいのでは?という声が聞かれました。

めずらしい事ではありませんが、歌手ではない人が主題歌を歌うことはあります。

その場合は出演者がほとんどです。

映画のプロモーションとして俳優が主題歌を歌うのは話題にもなって宣伝にもなるなどの相乗効果もあります。

ですが出演してもいないのに、歌手でもないのに杏さんが歌うなんて…納得がいかない!という声が挙がっていました。

疑問が出るのも納得ではありますよね…。

 

筆者は、完全に個人的な予想ですが、杏さんの真っ直ぐで透き通った声、そしてどんな困難にも負けない強さを映画に取り入れたかったのではないか?と思っています。

杏さんは双子を含む3児のシングルマザーとして、仕事に家事、育児と奮闘中です。

元配偶者の東出昌大さんの裏切り行為により、離婚して現在はフランスに居住されているとか。

どんな困難にも屈せず、前を向いて進んで行く杏さんの強さを「耳をすませば」実写版にも取り入れたい!という狙いがどこかにあったのかもしれません。

②なぜ主題歌は「カントリーロード」ではない?

少し辛口な意見も見受けられるのですが…

この実写版ではやっぱり歌は「カントリーロード」でなければ!と言う意見も上がっていました。

そう思う理由を調べてみました。

 

実は原作には「カントリーロード」は使われていません。

原作にはこの曲が出てこないのです。 

ジブリアニメ版の劇中で使われている曲がカントリーロードなのです。

作品の中ではこの曲は重要なシーンとして出てくるので印象に残っている人も多いのです。

原作ではなくジブリ映画を視聴した人からすると、イメージ的にやっぱりこの曲に思い入れがある人も多いようですね。

実写版はジブリ版の『耳をすませば』とは違うストーリー展開なので曲が持つイメージを変えたかったとも感じられますね。

③なぜ主題歌が「翼をください」なの?

主題歌の選曲についても疑問が出ているようですね。
確かに、「なぜこんな昔の曲?」と思う人もいるかもしれません。

 

この実写版は原作の内容そのまま一緒ではありません。

10年後のオリジナルのストーリーを追加し、物語は現在と過去の行き来をしながら進んで行きます。

実は、原作とジブリのアニメ版も内容は同じではありません。 
原作、ジブリ版とも異なった別作品だという事を強調した実写版になると思います。

主人公たちの中学時代そして離れ離れになってしまう大人になった今の設定。

筆者は、そこから連想される歌詞は「翼をください」がとても合っているのではと感じました。

夢を追い続けてよいのか戸惑い、遠く離れたイタリアの地にいる聖司のことをひたむきに想いながらも、一緒に過ごすことができる未来が来るとも確信が持てずに過ごす雫の気持ちは、まさに「この大空に翼を広げ 飛んでいきたい」そんな気持ちだったのではないでしょうか?

それはきっと、聖司にとっても同じだったことだと思います。

カントリーロードより「翼をください」の方が、10年後の2人にはよりマッチしている歌だった気がしています。 

耳をすませば・実写版の主題歌は杏!なぜの声多数の理由とは?まとめ

今回耳をすませば、実写版の主題歌は杏!なぜの声多数の理由とは?についてまとめてみました。

杏さんは女優としての印象が強い感じがしますが活動の幅はとても広い方です。杏さんの活動を知っている人からすれば納得のキャスティングだとの意見もあります。かつてはラジオDJもしていました。

モデルからキャリアはスタートしていますが女優をしながらも自身の YouTube チャンネルではギターの弾き語りや料理の動画を配信しています。その歌声は綺麗でギターもとても上手なのです。

女優でありながらも3人のお子さんのママでもあります。とても多才な方ですね。

実写版は原作やアニメとも違う作品になっている、とのことなので杏さんが「翼をください」をカバーするのも作品に合っているという事ではないでしょうか。

色々な意見がありますが、意外性のあるキャスティングもひっくるめて『耳をすませば』実写版なのだと思います。
原作ともアニメ版とも違う実写版オリジナルの展開、主題歌を楽しむのも一つだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました