新体操のLEDリボンを使ってみたい!個人で購入できる方法はある?

新体操-アイキャッチ

2021年11月7日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」では、いとうあさこさんが近畿3県をミステリーツアーで巡り、様々な謎を解き身体を張りまくっていました。

その最後に、疲労困憊の状態で取り組むことになった光のパフォーマンス。

LED搭載のリボンで新体操を懸命に踊る姿は、LEDの幻想的な動きも相まって、感動すら覚えました。

その時に使われていたのが「WAVING LED RIBBON」という名前のLEDリボンになります。

今回はこのLEDリボンについて

・LEDリボンのスペックはどうなっているの?

・LEDリボンを購入する方法はあるの?

・LEDリボンに世間の声は?

についてお伝えしていきます。
スポンサーリンク

新体操のLEDリボンのスペックはどうなっているの?

新体操-リボン

新体操とLEDの融合を可能にした、通称「LEDリボン」こと「WAVING LED RIBBON」の重さや長さなどのスペックについて調べてみました。

LEDリボン(WAVING LED RIBBON)のスペック
重量 248g(スティック、リボン、LED、コントロールデバイス、バッテリーを含む)
スティックの長さ 50cm
リボンの長さ 5m(ただしLED搭載は4mのみ)
バッテリー 約20分
耐水性 なし

新体操のシニアの部で競技時に使用するリボンと比較すると、

・リボンの長さが1m短い
・重量が通常の約7倍

という特徴があることが分かりました。

パフォーマンスしていた方々は、きっと「普段よりはリボンが重いな」と感じながらも、

素敵な表情で可憐なリボンさばきを披露なさっていたのですね!

普段使っているリボンとの違いを感じさせない、圧巻の演技はさすがですね!

残念ながら検定品ではないので、新体操の正式な大会の際に使用することは認められないようです。

フェアリージャパンのエキシビジョンの演技披露などで、こちらのLEDリボンが採用されることを個人的には期待したいです!

新体操のLEDリボンを購入する方法はある?

お金-イメージ

今回ご紹介したLEDリボンの「WAVING LED RIBBON」を個人で購入する方法があるのか?

疑問に思ったので調べてみました。

結論からすると、「WAVING LED RIBBON」自体は残念ながら販売されていません

どうしてもLEDリボンを使用してパフォーマンスを披露したい場合は、
「WAVING LED RIBBON」を開発した「mplusplus」にプロデュースを依頼しましょう!

「mplusplus」は、ライブパフォーマンスにおいて新しい表現を可能とするシステムを開発し、様々な舞台演出をプロデュースしている企業です。

かつては、LEDの耐久性や操作性を考慮すると、リボンを空中へ投げる動作や、クルクルとたくさん回転させるパフォーマンスを行う新体操のリボンへのLED搭載は難しいと考えられてきました。

しかし「mplusplus」が独自に開発した機能のおかげで、幻想的なパフォーマンスを披露できる新体操で使えるLEDリボンを実現することが可能となりました。

具体的には、

・無線で複数のデバイスを同期できるようにした無線同期機能

・LEDの接続部分が無限に回転するような独自の機構

を搭載することでLEDリボンが実現したようです。

こちらをご覧いただくとお分かりの通り、リボン単体が独自に発光しているのではなく、コンピュータのプログラミングによってLEDリボンは美しく発光していると考えられます。

そんなLEDリボンの特徴もあり、個人向けに販売する商品とはなっていないのではないでしょうか?

今後は、スポーツイベントや音楽イベントでも舞台演出で活用の幅を広げていく予定となっているようです。

新体操に限らず、アーティストのライブ等でもLEDリボンを目にする日が近いかもしれませんね!
自分が使うことに固執せず、様々な場面で目にする機会が増えることを楽しみにする方がよいのかもしれません!

新体操のLEDリボンに世間の声は?

新体操のLEDリボンを使ったパフォーマンスを見た世間の人の声はどんなものなのか、

こちらも気になったので調べてみました。

といったように、美しくてかっこいいパフォーマンスに感動する人が多数いらっしゃっいました。

私自身も、人の表現とテクノロジーの力と融合させることにより、より素晴らしいパフォーマンスへとブラッシュアップされていく様子には可能性しか感じません!

今後もLEDリボンのパフォーマンスを見られる機会が増えることを切望します!

新体操のLEDリボンについてのまとめ

さて、ここまで、新体操のLEDリボンの仕様と、個人で購入する方法はあるのかについてお伝えしてきました。

まとめると、

・LEDリボンは通常の新体操用のリボンより1m程短く、約7倍重い。

・LEDリボンの個人購入は現状は難しい。

・LEDリボンに対する世間の声は、感動や驚きの声が多数。

というものでした。

個人的に購入したかった方にとっては残念なお知らせとなってしまいましたが、

皆さんの参考になれば幸いです。

今後もLEDリボンを使ったパフォーマンスに注目していきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました