箱根駅伝予選会2023の結果は?本選出場校はどこ?

箱根駅伝予選会2023の結果は?本選出場校はどこ?

2022年10月15日に、箱根駅伝予選会が開催されました!

2023年1月の箱根駅伝出場をかけた戦いが繰り広げられた本大会。

上位10校が本選出場の権利を獲得します。

わずかの僅差でランクイン入りを逃し、悔しい想いをした方もいるはず。

そんな2023年箱根駅伝の出場を叶えた大学はどこか、結果が気になります。

2022年箱根駅伝予選会の結果をお伝えします!

スポンサーリンク

箱根駅伝予選会2023の出場校は?

2023年の箱根駅伝予選会からの出場大学は10校!

2022年の第98回箱根駅伝で上位10校に入った大学と、関東学生連合チーム、さらに以下の10校がお正月の駅伝で熱戦を繰り広げます。

  1. 大東文化大学
  2. 明治大学
  3. 城西大学
  4. 早稲田大学
  5. 日本体育大学
  6. 立教大学
  7. 山梨学院大学
  8. 専修大学
  9. 東海大学
  10. 国士舘大学

1位の大東文化大学は4年ぶりの箱根駅伝出場です。

そしてなんと6位の立教大学は55年ぶり!

順位が発表された瞬間、その感動ははかりしれません…!

早稲田大学は45年連続出場と常連校でもあります。

かなり輝かしい成績で、それに憧れて入学する選手もいるはず。

その分プレッシャーも重く、精神的にも鍛える必要がありそうです…!

箱根駅伝予選会2023の総合結果は?

2022年箱根駅伝予選会の総合結果はこちら!

予選会には43校がエントリーしました。

その順位とタイムになります。

上位10校が2023年の箱根駅伝本選に出場しますよ。

順位学校名タイム
1位大東文化大学10:40:39
2位明治大学10:41:41
3位城西大学10:42:09
4位早稲田大学10:42:29
5位日本体育大学10:43:34
6位立教大学10:46:18
7位山梨学院大学10:46:55
8位専修大学10:46:56
9位東海大学10:47:03
10位国士舘大学10:48:55
11位神奈川大学10:49:29
12位中央学院大学10:51:25
13位日本大学10:52:02
14位麗沢大学10:52:40
15位筑波大学10:53:50
16位日本薬科大学10:55:00
17位東京農業大学10:55:01
18位拓殖大学10:55:44
19位駿河台大学10:56:07
20位芝浦工業大学10:59:27
21位上武大学11:02:29
22位明治学院大学11:02:49
23位育英大学11:03:36
24位亜細亜大学11:04:06
25位関東学院大学11:06:30
26位慶応義塾大学11:07:02
27位桜美林大学11:08:23
28位東京経済大学11:08:49
29位平成国際大学11:12:53
30位流通経済大学11:15:58
31位立正大学11:18:18
32位武蔵野学院大学11:24:54
33位湘南工科大学11:31:47
34位東京大学大学院11:35:18
35位東京大学11:50:04
36位清和大学11:58:36
37位東京工業大学12:04:04
38位帝京平成大学12:08:14
39位東京理科大学12:35:36
40位高崎経済大学12:38:08
41位成蹊大学12:41:49
一橋大学記録なし
東京理科大学記録なし

箱根駅伝予選会2023「記録なし」とは?

上記順位のタイムに記録なし、とあります。

その意味は、制限時間内にフィニッシュ出来なかった選手がいたということです。

予選会の成績は、チームのタイム合計で決定します。

しかし、大会に参加し走った選手が1人でも欠けてしまうと、チームの成績は記録なし、とされてしまうのです。

予選会では、10月になっても厳しい日差しや逆に肌寒さ、そして大会ならではの緊張感などで本来の力を発揮できない選手もいます。

箱根駅伝予選会の走行距離はおよそ21km。

制限時間は1時間24分です。

その制限時間内にゴールが出来なかったり、途中棄権になるとチーム記録がなくなってしまいます。

なんとも厳しいルールであり、選手の責任も大きく感じるので残酷ですよね…。

箱根駅伝予選会2023の結果は?本選出場校はどこ?まとめ

2023年箱根駅伝本選をかけた箱根駅伝予選会の結果をお伝えしました!

43校エントリーしたうち、10校のみ出場が可能の今大会。

チーム全員のタイムを合計し、短い順番で順位が決定します。

1人だけでは成立しない、個人戦のようでチーム戦というのも熱いですよね。

予選会の結果は大東文化大学、明治大学など出場常連校のほか、55年ぶりに箱根駅伝出場となった立教大など、10校が出場権を獲得しました!

惜しくも、記録なしとなったチームも、各選手全員が一丸となって協力したのですから、記録なしというのは悔しい気がします…。

箱根駅伝予選会を勝ち抜き、2023年1月2日・3日に出場するチームが、力を出し切れるよう応援したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました