「約束のネバーランド」実写版がつまらない!ひどいと酷評!

つまらない-イメージ画像

約束のネバーランドの実写版が地上波で放送されました。

ネット上では、視聴者の感想が

「演技が下手!ひどい!」

「つまらない!」

という声が挙がっています。

 

この記事では、「約束のネバーランド」の実写版が何故このような酷評を受けるのか理由を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

「約束のネバーランド」実写版がつまらないと言われる理由3つ

「約束のネバーランド」実写版のがつまらない!と言われる理由を探ってみたいと思います。

レイ役の演技が下手

レイ役の城桧吏(じょう かいり)さんの演技が下手!

という声が挙がっていました。

これには事情があるようで、

撮影中の声変わりによる吹き替え対応が原因となっているようでした。

逆にオフレコでこれだけ声で演技できるということは、

純粋な演技をしたらかなり上手な俳優さんなのかもしれませんね。

展開がつまらない

展開がつまらないといった声も挙がっていました。

原作を映画版に凝縮しているとどうしても描かれない部分が生じたり、

展開が早くなってしまうといった弊害が生じてしまします。

マンガやアニメで原作を知っている人は余計に映画の展開がつまらなく感じてしまうのかもしれませんね。

また、原作を知らない人にとっては、

物語の背景を詳しく知る機会が少なく、展開についていけない人も多かったのではないでしょうか。

 

年齢設定に違和感がある

 

本来、漫画ではエマ、ノーマン、レイの設定年齢は11歳 。

しかし、エマ役の浜辺美波さん、ノーマン役の板垣李光人さんは19歳のときにこの映画の撮影に臨まれています。

やはりどうしても年齢の設定に違和感を覚える視聴者も多いようです。

「約束のネバーランド」実写版は本当につまらないのか?

では、「約束のネバーランド」実写版は、本当につまらない・ひどいという酷評ばかりなのでしょうか?

賞賛する声も挙がっているのか調べてみました。

北川景子がキレイで怖い!


北川景子さんの演じるイザベルは本当に怖かったですよね。

お綺麗で大変美しいママなのですが、本当に恐怖を覚えました…。

キャスティングは良かったという意見もありましたよ!

渡辺直美のキャストがいい!

渡辺直美のキャストがいい!

渡辺直美の演技がいい!

という声も挙がっていました。

確かに、シスタークローネというより、

本来の渡辺直美さんを見た気がしました。

「約束のネバーランド」実写版がつまらない!ひどいと酷評!まとめ

つまらないという声もありましたが、

キャストや演技が最高!といった声も挙がっていたようでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました