紅白歌合戦2022観覧申込みいつからで応募方法は?倍率は?

紅白歌合戦の観覧申し込みいつ応募方法倍率

年末といえば、年越し、そして紅白歌合戦は外せません。

この紅白歌合戦、毎回会場に観覧席があります。

応募して当選すれば観覧可能となり、沢山のアーティストを生で見れるチャンス!

しかも観覧は無料なんです!

その倍率ってどの程度なのでしょうか。

また、申し込みと応募方法が分からないとはじまりません。

そこで今回は、紅白歌合戦の観覧申し込みはいつからなのか、その応募方法について見ていきましょう!

スポンサーリンク

紅白歌合戦2022の観覧申し込みはいつから?

紅白歌合戦2022の観覧申し込みの開始日は

  • 応募開始日…10月6日 午後4時
  • 応募締切り…10月20日 午後11時59分

となっています!

希望するあなたは、申し込み忘れのないようにご注意ください!

 

ちなみに、2019年まではNHKホールでの開催でしたが、2021年はNHKホール改修工事のため東京国際フォーラムホールAにて行われました。

2022年は改修工事を終えて、NHKホールに戻ってくることになりました!

紅白歌合戦2022の観覧応募方法は?

2019年までは往復ハガキとWEB応募の2種類ありました。

2020年以降はWEBからの応募のみとなっています。

今年もその可能性が高いので、NHKイベントインフォメーションにある専用のページからご応募ください。

パソコンまたはスマートフォンからのご応募になります。

画面中ほどにある「お申込みはこちら(※抽選結果のご確認もこちら)」

という表記の箇所をクリックすると、応募フォームへ移行していきます。

その後は、以下の手順になります。

  1. 「申込はこちら」から注意事項をチェック
  2. メールアドレスを入力
  3. 「同意する」をクリック
  4. 応募専用URLが届くので、必要事項を入力
  5. 受付確認メールが届く

ネットに不慣れな方も応募方法の説明を聞くことが出来る「ハローダイアル」があったので、そちらから質問されるとスムーズですよ。

紅白歌合戦2022の観覧応募における注意事項

観覧応募にはいくつか注意事項があります。

3つに分けて見ていきますね。

NHK受信料支払い者のみ応募可能

まず、この応募はNHK受信料の支払者限定です。(支払免除者も含む)

受信契約者情報との照合、受信料支払いの確認の上抽選されます!

さらに抽選会は警察官立会の元、厳正に行われるようです。

すごく徹底されていますよね!

NHK受信契約1契約で1枚の当選

そして1契約につき、1枚のみの当選

家族内数人で応募しても、当選チケットは1枚の発行なのでご注意を!

ちなみに、1枚で2人まで入場可能です。

1家族2人までの観覧になりますね。

当日は本人確認が必要

当日は申込者、同行者共に本人確認が必要です。

本人確認がとれない場合は入場不可になってしまいます…。

あと勿論のことですが、譲渡、転売は禁止ですよ。

紅白歌合戦2022の観覧スケジュール

当選した場合のスケジュールを見ていきましょう。

こちらも前年度の情報です。

2022年紅白歌合戦のスケジュール
  • 当落通知日…12月12日 午後1時以降
  • 入場整理券発送…12月13日
  • 事前座席番号表示…12月28日 午後3時以降に申込確認ページにて確認
  • 開場時間…12月31日 午後5時50分開場 午後6時50分開演
  • 終演時間…午後11時45分

12月31日が放送日、当選発表は12日と結構ギリギリですね!

遠方から来られる方は、年末ということもありスケジュール調節が難しくなりそうです…。

紅白歌合戦2022の観覧申し込みの当選倍率はどのくらい?

2019年の当選倍率を見てみましょう。

先述した通り、2019年まではWEBと往復はがき応募の2通りありました。

2019年の応募について
  • 応募件数…123万944件
  • 当選人数…1227人
  • 倍率…1003倍
2020年の応募について
  • コロナウイルス流行につき観覧応募なし

応募件数がすごいので、当選するのも約1000人に1人という結果に!

このハガキ応募は、1人何枚でも可能なんです。

なので、応募件数の多さは納得ですよね。

紅白歌合戦2021の観覧申し込みの当選倍率はどのくらいだった?

続いて昨年2021年度のデータを見てみます。

なお、当選人数は公表されていません。

予想数字になるので、ご参考までに。

2021年
  • 応募件数…12万1425件
  • 当選人数…公表なし
  • 倍率(予想)…単純計算で約24倍

2021年は東京国際フォーラムホールAで開催されており、観覧席は約5000席。

倍率は、観覧席と応募件数から単純計算して約24倍だったかもしれません。

2019年と2021年の応募件数の大きな違いの理由は、応募方法ですね。

WEB応募は1契約で1件の申込しかできません。

対して、ハガキ応募は1人で何枚でも応募できました。

10分の1も応募数が減っていますが、この理由なら納得です。

2021年度は予想からすると、そんなに倍率高くない…?と思いそうですが、以前の1人で何枚でも応募OK!とは違い、更に1人1回でもなく、1契約1回なので倍率はぐんと上がります…!

紅白歌合戦2022の観覧申し込みの当選通知はいつどうやって届く?

観覧申し込みの当選通知は、2種類あります。

まず登録メールアドレスに届く、メール通知。

そして申込確認ページで自身で確認する方法です。

過去は、当選した場合も落選した場合も、どちらにしてもメールが届く仕様でした。

前年は午後1時にメール配信されているので、今回もお昼過ぎかもしれません。

紅白歌合戦2022の観覧申し込みいつからで応募方法は?倍率は?まとめ

紅白歌合戦2022の観覧申し込みと応募方法、いつから可能かについて調べました。

2022年度の観覧応募については現在情報がありません。

過去の傾向から予想すると

・応募はNHK受信者契約、支払いをしている方限定

・応募開始は10月初旬、締切は中旬頃で約2週間の応募期間

・恐らく応募方法はWEBのみ、NHK受信者契約1件につき1回申し込みが可能

・当選発表は12月中旬頃

・2019年はハガキ応募可能な為倍率は1003倍

・2021年は予想としておよそ24倍

2022年度の観覧募集はこれからなので、随時NHK公式HPをチェックしていつから開始するか見ておいてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました