「トモダチゲームR4」第6話のネタバレ・あらすじ!世間の反応は?

テレビ朝日で放送中のオシドラサタデー「トモダチゲームR4」。

8月27日に第6話が放送されました。    

この記事では、「トモダチゲームR4」の6話あらすじ・ネタバレと、世間の人がどんな感想だったのかをSNSからまとめてお伝えしたいと思います。

 

見逃した人も安心!

dTVなら、映画やドラマを見放題です!

「トモダチゲームR4」は、動画配信サービスの中で唯一レンタル配信中!

残念ながらテレビもTVerも見逃してしまったあなたは、dTVで過去の放送回を観ることができますよ!

【dTV】映画・ドラマ・アニメ・音楽など12万作品が月額500円で見放題!

(本作品の配信情報は2022年8月20日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

スポンサーリンク

「トモダチゲームR4」6話ネタバレとあらすじ

「トモダチゲームR4」の第6話は、一体どんな展開になるのでしょうか?

第6話のネタバレを含む、あらすじを紹介します。

「トモダチゲームR4」6話あらすじ

2日目の朝、会場に入った参加者はがく然…。なんと並べたドミノがすべて倒されていたのだ! 誰がドミノをめちゃくちゃにしたのか、全員が疑心暗鬼になる中、後田渡(ひょっこりはん)の姿が見えず…?

 さらに、参加者全員で無記名投票を行い、ゲームから追放する人を決めることになり、Kグループのメンバーや、クロキサトル(深水元基)から恨まれていることを自覚している友一は、自分が追放される可能性が最も高いことに気づき、追いつめられていく。

 そんな中、紫宮京(藤井直樹)がクロキに急接近! 「友一を絶対に許さない」という共通認識で繋がった2人は、密かに手を組む約束を交わす。友一を奈落の底に突き落とすべく、チャンスをうかがう2人――。

一方、素性を隠してゲームに参加している運営のリーダー・布袋昭稔(杉本哲太)は、ほかの参加者に、手際が悪くドミノを並べることもままならない後田を追放しようと持ちかける。思うところのある友一は必死に阻止しようとするのだが…!? そんな彼の様子を運営ルームから見ていた水瀬マリア(片山友希)は、友一が意外と仲間思いだと感心する。すると隣にいた沢良宜志法(久保田紗友)が…!?

全員で協力するのか、ひとりで抜けがけするのか、はたまた誰かを追い出す裏工作に精を出すのか…。参加者たちのどす黒い思惑が渦巻く中、ついに追放者第1号が決定する。そしてこれを機に、追放されないためにとほかの参加者に媚びる者や、リーダーシップを発揮してターゲットをいじめる者が出現し、本性むき出しの醜い争いが始まる。

 周りは全員、敵! 張り詰めた空気の中、ハイリスクハイリターンな心理戦はどんどん加速していく――。

公式HOより引用

 

「トモダチゲームR4」6話ネタバレ

ここからは、ネタバレについてお伝えしていきます。 

第1の追放者は布袋昭稔(杉本哲太)!

ドミノが倒されたときにその場にいなかった後田(ひょっこりはん)がドミノを倒したのでは?と疑われていました。

布袋昭稔(杉本哲太さん)は、それに加えて仕事の出来ない後田を疎ましく思っていました。

後田は、Kグループのメンバーに追放について持ち掛けるが、友一らが反対。

マリア(片山友希さん)が「意外と友達想いじゃん、友一~!」と伝えますが、それを聞いた志法(久保田紗友さん)は「友一は自分を守るために言ってるんです。」と一蹴。

 

最終的に、紫宮やクロキに協力を持ちかけた布袋は2人に裏切られ、最初の追放者は布袋となります。

友一たちのグループの人数が7名、相手が8名となったことで、権力の均衡が破られます。

ついには紫宮やクロキが権力を振りかざし、友一たちを思うがままに動かそうとし出します。

    

紫宮は思うがままに指示を出していく

紫宮は後田に指示を出し、友一たちを監視するように伝えます。

キャプテンは紫宮のやり方に不満を述べますが、自身が頭脳となる自信がなく、紫宮を追放することができません。

キャプテンは、追放者を鬼瓦百太郎か紫宮かを選ぶように迫られます。

それにより忠誠心を試します。

 

結局、百太郎、柱谷を次々と追放。

紫宮を「いい加減にしろ!仲間を大事にしないやつに付いていく気はない。」と、殴った丹波が暴力行為により追放されます。

仲間を裏切るなんて紫宮は何を考えているのだろうか…。と見つめる友一たち。

その様子を見て種田が「仲間を裏切るなんてやめましょうね。」と声を掛けます。

種田と水谷は仲良くなり、ドミノを並べる作業は常に一緒に行うようになっていました。

それを見た四部の家政婦だった宮部は悔しそうな表情を見せていました。

門番の見張りが休みと知らされ脱出者の可能性が…

10日後から門番の見張りが休暇に入ることを知らされます。

そんな折、友一は金属製のドミノストッパーを自作します。

メンバーに渡し、早速効果を感じたのも束の間、翌朝には何者かによりストッパーもろともドミノが倒されてしまいます。

「誰かが脱出のための鍵を手に入れたのは間違いない。」という見解に至った友一と紫宮。

友一は、男女に分かれて全員が裸になり、身体検査をすることを提案します。

同性とはいえ裸になるのを嫌がった水谷。

種田になら裸を見せてもよい、と言った水谷は結局種田に身体検査を依頼し、シロであることが判明します。

水谷の暴露と次の追放者が決定!

水谷を疑う一同だったが、水谷は「疑われたからいう訳じゃないけど。ドミノをわざと倒した人なら知ってる!」と発言。

後田を指名するのでした。

 

後田が鍵を持ってるのでは?と疑いの目がかけられるようになります。

種田は、仕方ないから民主主義に基づいてみんなでどちらを追放するか決めよう。と言い、水谷か後田かどちらかを選ぶということになります。 

結局翌朝に追放されたのは後田でした。

発狂した後田は「いつもこうだ!何かあるとすぐに俺が疑われる!証拠もないのになんで犯人扱いするんだよ!」と言いながらドミノを倒しに行こうとしますが、種田に止められます。

種田は「普段の行いが関係するんだ。そのくらい分かっておけ、大人なら。陰キャ野郎」との暴言を耳元で囁かれ、後田は力なく崩れ落ちるのでした。

 

誰かが7票をコントロールしている…

クロキ、紫宮、友一たちは誰が票をコントロールしているのか全くわかりませんでした。

そんな中友一は、クロキが友一がコントロールしているのでは?と思っていると空かさずクロキに向かって「ここは土下座だろ!」と暴言を吐きます。

クロキは悔しそうに土下座をしましたが、友一が票を操作している人間ではないことを紫宮は分かっていたため全く動じませんでした。

クロキに向かい友一は暴力を誘うようにあっかんべー!と挑発します。

暴力を振るおうとしたクロキを紫宮が止めるのでした。

 

色仕掛け?女の逆恨み?

ゆとりは、種田に「虫が怖い!」という口実で腕にしがみついて甘えます。

それを見ていた水谷は不満顔。

また、花宮は天智に「こんなところだと思わなかった。もう嫌。」と弱音を吐きます。

それは、ゆとりが前に同じような弱音を吐いたときに、天智がゆとりの肩を抱いて「頑張ろう」と励ましていたところを目撃していたからでした。

しかしそんなことを知らない天智は、「じゃあなんでここに来た?」と冷たくあしらいます。

花宮は「私にはそうなんだ。私だって時限爆弾のスイッチ持ってること忘れないでよね。」と伝えます。

次の追放者はまさかの…

後田が追放された翌日、追放者はまさかまさかの心木ゆとりでした。

なぜゆとりが追放されたのか全く分からない一同。

「追放者も脱獄者も出さずにみんなでユートピア作りたかったよ…」と言い残して去ります。

友一たちのグループと相手グループのメンバーは5対5になったのでした。

 

友一が見つけた手紙が波乱の幕開けだった…

なぜゆとりが…?

そんな疑問を抱えながらドミノを並べようとした友一たちでしたが、ドミノの箱のそばに手紙が置いてあるのを友一が発見。

中身を見てみると、それは鍵を手に入れたという人物からの手紙でした。

私はすでに鍵を手に入れた者だ。もし生き残りたければ「クリア報酬1億円の9割、9000万円をゲームクリア時に私に譲渡する」という念書を提出しろ。

もし従わなければ私は5日後の夜に脱獄を実行する。

というものでした。

マナブくんもこの条件をOKとしました。全員が念書を提出してクリアすれば、鍵の持ち主には9億1000万円。

その他の人は1000万円の賞金という風に賞金が自動で行くように設定を変更するとのことでした。

 

不満気な参加者に対し「じゃぁ追放しなきゃ!」とマナブ君は追い打ちを掛けます。

 

花宮が「念書、出せばいいんじゃないかな?」と言い出します。

種田もそれに賛成。

多数決を取ることを提案します。

  • 賛成:種田、花宮、水谷、宮部、四部、キャプテン
  • 反対:友一、天智、四部、紫部、クロキ

種田は、反対派の4人が念書を提出するまで4日だけ待つと宣言。

賛成派のみんなを守るためには仕方ないから反対派の中から順番に追放していくことを宣言します。

来週は一体どんな展開になるのでしょうか…?

楽しみですね!

 

スポンサードリンク

「トモダチゲームR4」6話の感想は?

「トモダチゲームR4」の筆者の感想と世間の感想をお伝えしていこうと思います。

以下、放送終了後に追記します!

「トモダチゲームR4」6話の筆者の感想

誰が票を操作しているのか、予想できなくて気持ち悪い展開でしたね。

まさかまさかのゆとりが追放されるとは…!

やはり花宮?

そてとも、やたらと目立ってた種田流星…?

脱走者を出してしまうのか、はたまた友一や紫宮が頭脳戦で勝利を収めるのか、次週の放送が楽しみですね!

「トモダチゲームR4」6話の視聴者の感想と口コミ

「トモダチゲームR4」第6話の視聴者の感想と口コミは一体どんなものになっているのでしょうか?

具体的な声を見ていきたいと思います。

紫宮の目的は…?

人数が少ない方が不利になるこのゲームで天才・紫宮は、次々と自分のチームのメンバーを脱落させていきました。

この行動に、視聴者は「絶対に何か秘密があるに決まってる!」と考えた人が多かったようです。

この行動の理由は、だれにも分かりません。。

来週以降、明らかになるのでしょうか?

楽しみですね!

種田流星かっこいい!

種田流星演じる小越勇輝さん。

なんとも言えぬ表情がすごく大人っぽい印象を醸し出していました。

種田は一体脱走に関係しているのでしょうか?

それとも一切関係ないというのでしょうか?

今後の展開に要注目です。

漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥11,088 (2022/12/01 18:11時点 | 楽天市場調べ)

スポンサードリンク

「トモダチゲームR4」6話あらすじ・ネタバレ!世間の声も!

「トモダチゲームR4」6話あらすじ・ネタバレ!世間の声も!というタイトルでお伝えしてきました。

友一たちは「友情の檻ゲーム」をクリアするために、紫宮やクロキなどとも仲良くすることができるのでしょうか?

そして、その内容とは?

来週の放送も楽しみにしながら待ちたいと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました