米寿のお祝いが良くない・縁起が悪いって本当?祝ってはいけない理由とは?

米寿のお祝いが良くない・縁起が悪いって本当?祝ってはいけない理由とは?

おじいちゃんやおばあちゃん、いつまでも長生きしてほしいですよね。

日本には数々の風習がありますが、年齢のお祝い事も多いです。

88歳になったら米寿、もう90歳も手前のご長寿です!

筆者の祖父祖母も数年後に88歳を迎えるので、何が喜ぶかな…と考え中です。

しかし一部で米寿のお祝いは良くない、縁起が悪いとの声が。

そんなことを聞いたら躊躇ってしまいます!

今回は88歳のお祝いについて、そして何故米寿は縁起が良くないのか?その理由について調べます。

スポンサーリンク

米寿のお祝いが良くない・縁起が悪い・祝ってはいけない理由って?

米寿のお祝いと聞くと、おめでたい和やかな雰囲気を想像しますが、あまりよくないという声があります。

その理由は何でしょうか。

米寿のお祝い後に亡くなった事例がある

衝撃的ですが、こんなこともあるようです。

といっても、88歳の時点でだいぶご高齢なので、お祝いのせいで…という確証はありません。

タイミング的なものなのか、お祝いの数日後に亡くなられることもあったようです。

大好きな方が亡くなってしまうかも、なんて考えたら躊躇ってしまいますよね。

祝われる方の精神的負担がある

米寿のお祝いにあたり、近い家族だけで食事会などなら問題なさそうですが、大きな会場を貸切って盛大にお祝い!となると、お祝いされる方は嬉しい半面、気を遣わせてしまうんじゃないかと少しストレスに思う場合も。

その場合、せっかくのお祝いなのに…と参加者もなってしまう可能性があるのであまり良くないですね。

 

米寿のお祝いは何歳で行う?

米寿のお祝いはどのタイミングで行うのか。

2パターンあります!

米寿のお祝いのタイミング
  • 数え年で88歳のタイミング
  • 満年齢で88歳のタイミング

となっています。

順番に見ていきましょう。

数え年88歳のタイミング

まずは数え年で88歳のタイミング。

数え年ってよく聞きますが、何なのかよく分からない!という方も多いのではないでしょうか?

筆者もよく分からないので調べてみました。

 

下記で88歳になっていれば、数え年にならうことになります。

  • 誕生日前であれば、満年齢にプラス2歳で88歳
  • 誕生日後であれば、満年齢にプラス1歳で88歳

お母さんのお腹の中にいる時点で1歳、そして以降は元旦を迎えるごとに年をとるといった考え方です。

満年齢で88歳のタイミング

もう1つは満年齢でお祝いする場合です。

こちらは分かりやすく、敬老の日やお誕生日など、記念日にお祝いする場合が多いようです。

ただ、数え年で祝うのか、満年齢で祝うのかといった正確な決まりはないので、家族みんなの都合を優先して大丈夫そうですよ。

米寿のお祝いの相場はいくら?

お祝い品の相場は、地域や関係性によって異なります。

一般的には下記になります。

  • 両親の場合…2~3万円
  • 祖父母の場合…1~3万円
  • 叔父・叔母等の親戚の場合…5,000~2万円

となっているようです。

 

もちろん、家族の関係性や雰囲気によっては

「こんな気を遣わなくても」

「こんな高いもの悪い」

となる場合もあるので、参考までに。

プレゼントだけでなく、食事会をしてそこで支払うのもいいですね。

米寿を迎えたご本人が喜んでくれることをしたいものです。

米寿のお祝いに避けた方がよいもの

お祝いにプレゼントは欠かせませんよね。

そこで避けたほうがいいものは何でしょうか。

  • 4や9を連想する縁起の悪いもの
  • 高齢を感じる杖や老眼鏡など
  • 葬儀等のお返しで贈るようなお茶など

これからも長生きしてね!

といったメッセージを伝えたいので上記のものは避けた方がベターです。

杖や老眼鏡などは実用的なので、つい選びがちですが注意した方がよさそうですね!

米寿のお祝いのプレゼントは何を渡す?

一般的に米寿のイメージカラーは黄色です。

なので、黄色メインの花束はお部屋も華やぎますし、おすすめ。

また老いることのない、枯れない、ブリザードフラワーもいいですね。

あとはやっぱり家族や友人との思い出シリーズ!

アルバムや色紙に写真でまとめても素敵です。

ちなみに筆者の知人は、オリジナル掛け軸を贈っていました。

名前を花のイラストでなぞった華やかなもので、とても喜ばれていました。

お部屋に今も飾ってあり、見るたびに笑みがこぼれると言っています。

米寿のお祝いが良くない・縁起が悪いって本当?祝ってはいけない理由まとめ

米寿のお祝いが良くないのか、縁起が悪い?について調べました。

お祝いの数日〜数週間後に亡くなったという悲しい事例がありましたが、88歳というご高齢なこともあるので、お祝いが直接的な原因であるかは不明です。

何はともあれ、お祝いされる方が幸せであることが第一なので、ご本人の意向にそった方が良さそうですね。

お祝いをしなかったらしないで後悔する日が来るかもしれません。

大切なのはお祝いする気持ちです。

米寿を迎えた方の長生きをこれからも強く願いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました