24時間テレビ2022のTシャツがダサい!?デザインについての評判は?

 24時間テレビのTシャツが今年も、話題になる季節がやってきました。

日本テレビの一大イベント番組である「24時間テレビ 愛は地球を救う」が8月27日、28日に放送されます。

今回は3年ぶりの有観客開催の予定です。メインパーソナリティには、ジャニーズ初のYouTubeユニット「ジャにのちゃんねる」の4人、二宮和也さん、中丸雄一さん、山田涼介さん、菊池風磨さんが選ばれました。

24時間テレビでは、さまざまなチャリティグッズがつくられますが、その中軸となるのはやっぱり、通称「チャリTシャツ」でしょう。

Tシャツは、そのデザインが5月14日に発表され、6月28日から販売がはじまりました。

「ダサい」「かわいい」……このTシャツには毎年、さまざまな意見が飛び交います。さて、今年の評判はどうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

24時間テレビ2022のTシャツがダサい⁉

今年も声がありました、「ダサい」。

デザインというのは、人それぞれ好みはバラバラ。マイナス意見がでて当然でしょう。

「チャリティーで買っても外には着てでない」「ジャにのがメインパーソナリティだから買った」といった意見は多く、「ダサい」と思っている人のなかでも、購入している人は少なくないのではないでしょうか。

「ダサい」という声のなかには、「24時間テレビのTシャツといえばまっ黄色のイメージ」といったものがあります。

24時間テレビのTシャツは黄色を基調にしています。黄色以外が登場したのは15年ほど前、それまでは黄色一色でした。

Tシャツといえばまっ黄色、このイメージの定着が、24時間テレビのTシャツはダサいものという思いにつながっているようにも思えます

スポンサードリンク

24時間テレビ2022のTシャツのデザインについての評判は?

では、Tシャツへのプラスの意見はどうでしょう。

「普段使いできそう」

「かわいい」

「おしゃれ」

といった声が多くみられます。

こうした声のなかに、「デザインがシンプル」「色が落ち着いている」という、今回のTシャツの特徴がありました。

デザインがシンプル

今回のデザインは、シンプルな線で23人の人物が描かれています。これらはみんな、誰かに「会いたい」という想いをかかえながら日常を過ごす人たちだそうです。

そこに二宮和也さんからのリクエスト「24時間テレビを象徴する地球のマークをいれたい」にこたえ、マグカップにさりげなく地球マークが。

また、二宮さんは、24という数字にこだわりました。そこで、えがかれた23人に実際に袖を通す人が加わって24人になるという趣向に。

こんなシンプルさやさりげなさが、普段使いをおおいに演出しているようです。

一方で、「24時間テレビであることをもはや主張していない」などの残念がる声があがっているのも確かです。

色が落ち着いている

今回の色は5色。基調である黄色のほか、白、ピンク、ミント、ラベリー。

新色のラベリーは、2022年のトレンドカラーにちなんだ深い紫色。菊池風磨さんが、「ラブリーなベリー色」ということで命名されました。「落ち着いた感じで、普段でも着やすい」といった声が多くあがっています。

24時間テレビのTシャツがはじめて、複数色展開となったのは2005年のこと。「黄色一色だと思っていたが、いまは、こんなになっているんだ」とイメージが変わったという意見が聞こえるようになってきました。

スポンサードリンク

24時間テレビ2022のTシャツをデザインしたのは誰?

Tシャツをデザインしたのは、日本を代表するイラストレーターの長場雄(ながばゆう)さん。

長場さんは、コラボデザインを多く行っており、ユニクロのTシャツブランド・UTによるルーブル美術館とのコラボなど、国内外を問わずオファーがあとを絶えない人とのこと。

ジャニーズともなじみがあり、V6のコンサートグッズのデザインなども手がけています。

 

その長場さんが描く人物は、手描きによるゆるやかなタッチと、カジュアルでファッショナブルな世界観が特徴とされています。

今回のTシャツも、この特徴がよくあらわれたものになっています。

    

スポンサードリンク

24時間テレビ2022のTシャツがダサい⁉デザインについての評判は?まとめ

「ダサい」「かわいい」……24時間テレビの2022年のTシャツの評判について、SNSでの声からみてきました。

「ダサい」というマイナスの意見もありました。それを上回って、「かわいい」「おしゃれ」「普段使いできそう」などのプラスの意見が多く、みられたように思います。

24時間テレビのTシャツは、放送がはじまった1978年からありました。そのデザインに芸能人や著名なデザイナーなども携わるようになることとあいまって、24時間テレビのTシャツは年々、何かと話題になるように。

これからもさまざまなデザインのTシャツが登場してくることでしょう。マイナスの意見でも、プラスの意見でも、意見を交わし合うこと、それもまた、楽しみなことではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました